<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 31日

私が楽しければ、みんなが楽しい

最近仕事が落ち着いてきて、
自分の中でいろんなことがテンポよくやれているからか、
このところ特に、お店で働くことが楽しい。

この2年間、本を始め、いろんなことをやらせていただいて、
店を制限して外でもっと勉強しなければ、と思ったことも正直あったけれど、
料理をただ作ることよりも、作った料理をお客さまに食べていただくことが
私の一番やりたいことだと気づいたら、今自分がやるべきことが見えてきた。

いろんな思い込みや、ずっとやって来たやり方をいい意味でぶち壊したくなった。
ここしばらくの疲れから、やっと回復したのかもしれない。
お客さまと接すること、スタッフとの声の掛け合い、なにより料理。
ひとつひとつ今、これがベストなのか考えてみる。

たとえば。
お客さまに注文をうかがうタイミングを変えてみたり、
昼間は無理だと思い込んでいた調理方法を試してみたり、
普段からやってきたつもりだったけれど、
もっともっとやれることがたくさんあるのだ。

本にも載せた鶏肉巻きの皮が、焼いてしばらくたつと固くなってしまうので、
ラップをしたり、タレを塗ったり、試行錯誤していたのだけど、
皮を中に巻き込んでみたら皮を残すお客さまが激減した。
e0056428_20182196.jpg


本を買ってくださった方、一度試してみてください。
[PR]

by mido-remix | 2011-10-31 20:19 | いろいろ | Comments(4)
2011年 10月 27日

レモンライス

本を出しませんか
と出版社に勤める友人から電話をもらったときのことを
昨日のことのように覚えている。

とりあえずやってみたいと答えたものの、
家族に、お金かかるんちゃうか。と言われたり、
ほんとに自分にできるのか心配になったり、
その後の連絡が来るまで不安だった。

友人と一緒にやって来た編集の女性は、以前うちの店にグルメ取材に来た人で、
その後企画でお会いしたこともあり、見知った顔だった。
「私が是非緑さんと本を作りたいから紹介してって頼んだんです。」
彼女が力強く言ってくれて、その瞬間どろどろと安心した。

その日から二年たつ。
打ち合わせの帰りボジョレー・ヌーボーの解禁だよと家族と乾杯した。
泣いたり笑ったり、悩んだり怒ったりしながら、なんとか二冊の本をだしてもらえた。
落ち込んだことも多いけど、楽しくて貴重な経験ができた。
稲盛さんありがとう。

ロカ本には書けなかった私の料理のサイドストーリー(?)的なことも入った小冊子が、
今、『きょうと小冊子セッション』で販売されています。
e0056428_2357453.jpg
今後ロカでも販売できたらと思っています。
今はなき、夏爐ファンの方必読の一冊です。
[PR]

by mido-remix | 2011-10-27 23:58 | Comments(2)