<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 25日

夏なのか秋なのか冬なのか

気がついたら今年ももう10月が終わろうとしています。
一年があっという間に走り抜けていく。

今年は花と果実舎を始めたこともあって、
華道家、片桐功敦さんといろいろなことをした気がしますが、
彼が中津のギャラリーで個展を開かれます。

そのオープニングのスライドショーでまた、
お料理を出させてもらうことになりました。
きっとすごいものを見せてくれると思います。
楽しみです。

ギャラリーも本当に素敵なところです。
ぜひ。
[PR]

by mido-remix | 2008-10-25 23:23 | 花と果実舎 | Comments(4)
2008年 10月 21日

誰かの一部になる

誰かのために料理を作ることは、その誰かの一部を作ることだと、つくづく思う。
自分の作った料理が、生命を維持するエネルギーとして、誰かの体に入り込み、新しい細胞を作っていく。
だから料理に込められた思いは、誰かの体の中で生き続ける。
空っぽの気持ちで作られた料理は誰かのこころに空しさを残して、
思いのこもった料理は、ひとくちであれ、その人のこころを満たす。

食べる、生きる。そのつながりは、死ぬ、育てる。と似ている。
死んで自然の一部となり、新しい命を育む。
料理をすることは、生と死の間をつなぐことなのかもしれない。
[PR]

by mido-remix | 2008-10-21 21:27 | いろいろ | Comments(2)
2008年 10月 15日

土の肌

お茶会、「+/−」が終わりました。
来てくださったみなさん、本当にありがとうございました。

今回は不思議なくらい、近づくにつれ焦りや不安がなく
自然に、するりと、自分の手の中から料理が生まれて来た気がしました。

ギリギリまでメニューも具体的には決まらず、
やっと決まったメニューも器に合うのか心配なまま、
前日の夜、仕込み終わって現場に行くと
なんで知ってるの?みたいな器がそこにあったりして、

自分がこれまでやって来たことを少し信じられる、
貴重な経験がたくさんできました。

スタッフのみなさんに本当に感謝します。
特に、震えるような経験をさせてくれた、
陶芸家の前田さん、本当にありがとうございました。


e0056428_2114153.jpg
e0056428_2115579.jpg
e0056428_2056597.jpg
e0056428_20562163.jpg

[PR]

by mido-remix | 2008-10-15 21:02 | 花と果実舎 | Comments(2)