roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 29日

また1年は終わる

今日で今年の営業が終了しました。

今年はすごくいろんな事があって、泣いたり笑ったり、大変な一年でした。
年が明けて、暖かくなってきたら、
5周年です。
早い。

今年もたくさんのお客さんに来ていただきました。
ほんとうにありがとうございました。

それからスタッフのみんな。
ありがとう。
おかげでなんとかなりました。

来年も頑張ります。

新年の営業は7日からです。
[PR]

by mido-remix | 2007-12-29 01:17 | ロカ | Comments(2)
2007年 12月 10日

おばけ

日曜、能勢に行って来た。
思ったより遠くて、山の中だったけど
今年初めての紅葉と澄んだ空と空気が、軽く旅行気分。
満喫。
Kさんありがとう。

目的地に向かう途中、住宅の奥に豆腐屋さん発見。
滋賀に行ったときにもこんな感じで豆腐屋さんを見つけたけど
こういう場所は水がおいしいから、おいしい豆腐が作れるのかな。

そういえば、聞いたことがある。
豆腐は化ける。って。
水を増やせばば、いくらでも大きくなる。
その逆もある。
豆腐の値段、ピンからキリのその正体。
真偽は定かじゃないんだけど。
それでも水切りをしたときの様子を見れば
豆腐の味=水の味と言っても言い過ぎではないのかもしれないな。

そのまま食べてというおじさんのアドバイスに従って
厚揚げをほおばると濃い豆と澄んだ水の味がした。
お醤油もなしに娘がぺろりと平らげた。
子どもの舌は正直。
家で食べた木綿豆腐は言うまでもない。
[PR]

by mido-remix | 2007-12-10 20:11 | たべる | Comments(0)
2007年 12月 04日

回答2

さとこさん、そしてうたちゃんへ。

うちのお味噌汁をおいしいと言ってくださるお客様は結構多くて
うちのスタッフのKさんも、
「ここのお味噌汁はおいしいと知人が言っていたので、
まずくなったと言われないように、お味噌合わせは緊張する。」
と頑張ってくれています。ほんとうれしいです。
しっかりご飯に負けないよう、しっかり味のおだしで
控えめのお味噌をとくようにしています。

個人的には煮干しだしのお味噌汁が好きですが、
人手の事情で何種類もだしをとるのが難しいのと、コストの問題で
今は京都のウエダ食品さんのだしパックを使っています。
いわゆる混合だしというやつですが、
私は今の、うちのお店にはこれで充分だと思っています。

おだしはよい素材できちんととると本当によいものだけど
今スーパーなどで手に入る昆布や鰹では
使った分量に見合った味のだしはなかなかとれないと思います。
本の通りにだしをひくより、昆布を引き上げる前、かつおをこす前に
意識して味や色、香りを見ること。
本ではタブーとされている昆布を煮だすことも
しっかり味が出るならやってもいいと思います。

そして高野豆腐のフライですが、うちの子供たちにも人気です。
大人のお客様用には天ぷら衣で揚げてきのこや海老のあんをかけます。

普通に炊いた高野豆腐が余ったらそれを使ってもいいし、
店ではお肉のゆで汁が出たらそれに塩こしょうで味を付けてさっと炊き、
冷めたものを水気を軽くしぼって卵、水、小麦粉を溶いたものにくぐらせ
パン粉をつけて揚げます。
家ではなかなかそんなのないので、
固形スープやオイスターソースを使ってもいいと思います。
お水だけでもあっさり食べられます。
煮汁の中に牛乳を混ぜると、ますます子供も食べやすい味になります。

ケチャップに生クリームを混ぜたものや、トマトソース、
今の時期なら甘味噌におろしたゆずの皮を混ぜた、ゆず味噌を添えるのも
おすすめです。
[PR]

by mido-remix | 2007-12-04 21:07 | Comments(3)
2007年 12月 03日

ごちそう

久しぶりの更新。

先月はなぜか、めちゃくちゃ忙しくて、後半はヘトヘトでした。
スタッフのみんなもお疲れさま。

先月よくお客さんから質問を受けた料理、
れんこんの落とし揚げの作り方を。

れんこんを粗目のおろし金でおろすか、フードプロセッサーにかけます。
水分が多ければ少し水気を切って、塩で味をつけ、卵、小麦粉を加えてさっくり混ぜます。これがベースです。
細目のおろし金しかなければ、半量をみじん切りにし、半量をすりおろしてもいいです。
山芋のすったのや、水切りした豆腐を加えるとふんわりとした食感になります。
ここに好みの具を加えます。

玉ねぎのみじん切りや刻みねぎ、みつば等の香り野菜。
ごぼうや人参。
味の出る挽き肉や、ちりめんじゃこ、桜えび。
粗くたたいたむきえびを入れると色もきれいで、おもてなし向き。

揚げる時は少し注意が必要。
スプーンですくって油の中に落として行くのですが
温度が高すぎても低すぎてもバラバラになってしまうので、中温できつね色になるまで揚げます。

揚げたてをからし醤油や、レモンやすだちを搾って食べます。
あんかけにしてもおいしい。

たくさん揚げて冷凍しておいて、おでんの具にも使えます。
出来合いのちくわや練り物の中に、こういうのがひとつでも入っていたら
ごちそう度はアップすると思う。
[PR]

by mido-remix | 2007-12-03 20:26 | たべる | Comments(1)