roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 27日

お夜食

久しぶりに玄米を炊いた。
いつもいなかの叔父さんから送って来てくれる玄米を
5分搗きにして炊くのだけど
たまに玄米が食べたくなってまとめ炊きする。
別に健康志向でもなんでもない。
わたし玄米のおにぎり、特に焼きおにぎりが大好きなのです。
そのために気持ち、塩をきかせ気味で炊くくらい。
 
白ご飯とはまた違った味わいと、プチプチ、モチモチした食感を楽しむには
おにぎりにして食べるのが一番だと思う。
よくよく噛みしめる。
ああ日本人に生まれてよかった。

一番好きなのは味噌を塗った焼きおにぎり。
カリカリのところが好きなので小さめに、平たく握ったおにぎりに
ただ味噌を塗って胡麻を振ってトースターで焼く。それだけ。
余裕のあるときは味噌をみりんでのばしたりする。
焼きのりで包んで食べるのが好き。

軽食に、それからわたしはおつまみにもする。
では小腹が空いたので、今からあったかいお湯割りと共に
いただきます。


e0056428_22482746.jpg

[PR]

by mido-remix | 2006-02-27 22:49 | たべる | Comments(3)
2006年 02月 21日

お弁当を持って

久しぶりにお弁当を作った。(手抜きだけど)
クウネルのお弁当ページみたいですね。

早起きを伴わないお弁当づくりは大好き。
休みの日にお弁当を作ってビールかワインを買って
自転車で人気のない河原か公園に行くのが好き。
 
外に出かける=外で何か(アミューズメント)する。
という人にはこの行動は理解できないらしく、
遊具も観るものもなんにもない、河とか原っぱで
バーベキューならともかく、お弁当食べて何が楽しいの。
と友達に聞かれたことがある。

戸外で食事をするって気持ちいいんだけどな。
どこかで買って来たお弁当には後悔しか残らないわたしには
自分で好きに作ったお弁当を、
絶えず流れる空気の中で、どこまでも広がる空の下で
食べて、お酒を飲むのって最高の贅沢。

人の多い所で適当に作られたものを食べるのって疲れる。
毎日バタバタしてるからなんだろうか。
冬の間、寒くて、もうしばらくの間どこにも行ってない。
早くあったかくならないかな。

この間、二人で、
ロカのお弁当を持って、のんびりお客さんとみんなで
お花見をするというのはどうだろ。
という話に、いいねえ!って言い合ってたんだけど
疲れてるんだろうか、やっぱり。


e0056428_212529.jpg

[PR]

by mido-remix | 2006-02-21 21:03 | たべる | Comments(6)
2006年 02月 19日

カウンターの中の客席

1日の大半をお店の定位置で過ごす。
レジ前の作業台の前。

わたしから見えるロカはいつもこんな感じ。
お客さんの思うロカとは違うかもしれない。

お客さんが来て始めて、食べて始めて、
店は、料理は成り立つのだ。
わたしはそれを毎日カウンターの中から見ている。
いろいろな成り立ち方を見ている。

お客さんが切れると、たまにこっそりと客席に座ってみる。
いろんな客席に座ってみる。

それは自分にとって大切なことなのだ。



e0056428_23591178.jpg

[PR]

by mido-remix | 2006-02-19 00:08 | ロカ | Comments(8)
2006年 02月 14日

チョコレートクッキー

今日はやっぱり、たくさんの男の子が(おじさんやおじいさんも)
口にしたんだろうな。チョコレート。

いつも行くスーパーがバレンタイン一色だったのに、
今日はひな祭り一色だった。
こういうイベントごとはあんまり好きじゃないけど
チョコレートは大好きなので
罪悪感を覚えずに思いきり食べる口実にする。

昔はそんなにチョコレートって好きでもなかった。
アイスクリーム屋さんに行っても選ぶのはいつもオレンジシャーベットという
さっぱり味好みの子どもだったから。
大人になってだんだん小さくて濃厚な味のものにお菓子の興味が移り
お店を始めてからは徳井ちゃんの影響でコーヒーとチョコレートっていう
大人な組み合わせも大好きになった。

味が濃くて苦味のあるやつが好きだけど
今日は食べる人の好みに合わせて
甘い甘いチョコレートクッキー。
味見と称して食べ過ぎた。
おなかが苦しい。


  バター100
  砂糖70 
  卵1
  小麦粉150
  チョコレート75     
       
     マヨネーズ状にしたバターに砂糖を加えてよくすり混ぜ
     室温にした溶き卵を少しずつ加えまぜる。
     小麦粉を振るい入れさっくり、でもしっかり混ぜ
     刻んだチョコレートを加え混ぜる。
     スプーンですくって天板に並べ落とし
     170度のオーブンで10分くらい焼く。


今日はバターの1/3をピーナツバターにし、ベーキングパウダーを少し入れた。
砂糖はきび砂糖、小麦粉は1/2を全粒粉に。
シンプルなレシピなので応用自由自在。
焼き加減も大きさや好きな柔らかさによって調節して
お好みの味を見つけてください。


e0056428_21183095.jpg

[PR]

by mido-remix | 2006-02-14 21:17 | たべる | Comments(0)
2006年 02月 10日

日替りごはんの代金

今日はお客さんにすっかり御迷惑をかけてしまった。

相方の徳井ちゃんが体調不良で
お店に出られないとつらそうな声で連絡を受けたのは11時ごろ。
準備もほとんどできていたし、何より予約をいただいてたので
取りあえず12時オープンということにさせてもらって
万全の用意でお店を開ける。

ところが予想以上のお客さんが来てくださって、
1時過ぎには仕事がどんどん遅れている状態に。

セルフの店でもないのに、
お客さんがお皿を返しに来てくださったり
水を取りに来てくださったり。
おまけに見兼ねて手伝ってくださる始末。
なのに皆さん、一人で大変でしょう。がんばって。とか
お大事に。とか
もう情けないやら、恥ずかしいやら、申し訳ないやら。

ごはんがなくなり、2時に店を閉めても
まだまだ来てくださるお客さんや、電話の問い合わせに
すいません、と断る。
お皿を持ってレジに来てくださった最後のお客さんに謝ると
いつもおいしいもの食べさせてもらってるから。
と笑って言ってくださった。

山のような洗い物を見上げて
放心状態で座り込みながら、
涙がぽろぽろ出て来た。
わたしはお金以上のものをもらってるんだな。って
思った。

本当に御迷惑をおかけした、たくさんのお客さん。
すいませんでした。
お手伝いしてくださったeuさん。
ほんとにほんとに助かりました。
徳井ちゃん早く元気になってね。
厄除けやっぱ行ったほうがいいかもよ。
[PR]

by mido-remix | 2006-02-10 23:44 | ロカ | Comments(5)
2006年 02月 06日

甘くて元気

雑誌の力って、すごいな。
Lマガジンが出てから忙しいです。
ありがたいです。

でもだんだん息切れ気味。
息抜きにプールに行ったら溺れかけるし、
砂糖と塩を間違えるし、
挙げ句の果てに、今日投函したつもりのハガキがバッグから出て来て凍り付いた。

疲れたときって、なんで甘いものが食べたくなるんでしょうね。
わたしは疲れると小豆のあんが無性に食べたくなるんだけど
今日もそうで、帰り道のたこ焼き屋さんで回転焼きを買って帰ろうとしたら
売り切れてた。くやしい。
もうすっかり口が甘いものを求めていたので
そのままスーパーに行き、どら焼きを一個かごに入れる。
そしたら、その横で安売りの3個パックの焼きプリンがわたしを呼んでいて、
一緒に買ってしまった。

プリンなんて食べるの久しぶりだ。
買って来たやつって、なんでかぷっちんプリン(お皿にひっくり返す)したくなる。
甘くてとろりとして幸せな味。
でもやっぱり自分で作ったシンプルな味のプリンが好きだな。
ちょっと前は柔らかいのが流行ってたけど、
わたしは柔らかすぎないのが好き。
卵と砂糖と牛乳だけで、こんなおいしいものが作れるなんて
人間でよかった。

忙しいのがあんまり続くと太るかもしれないなあ。
あ、いや本当にありがたいのですよ。



e0056428_22481177.jpg

[PR]

by mido-remix | 2006-02-06 22:48 | たべる | Comments(7)
2006年 02月 01日

なんでもないもの

日替りの小鉢は大抵、「なんでもない」料理にしようと決めている。
煮物とか、胡麻和えとか、おひたしとか。
そういうの。
メインのおかずに凝ったものを作ることが多いので
箸休めに味の分かりやすい、ほっとするものがあるといいかな。と思って。

昨日は、ほうれん草ときのこ、薄揚げのおひたし。
おひたし、とは茹でた野菜にしょうゆをかけてかつお節を振るものではなく
調味して冷ましただし汁に、茹でて色止めし、水分を切った野菜を浸す料理。
つまり、お浸し。
母のおひたしは前者のものでした。
煮物にすると、色や歯触りが悪くなってしまう野菜に使います。

ほうれん草はさっと茹でて冷水に取り、一口大に切って水気を絞ります。
切り口からあくが出ていくのでしっかりと。
きのこは茹で汁に旨味が出るので、
しょうゆ、みりん、塩で味付けした出し汁を湧かしてアルコールを飛ばした中に
ぱっと入れて火を止めます。
できれば鍋ごと氷水に当てて冷まします。
きのこって生でも食べられるって知ってました?
シャキシャキ歯ごたえを残したほうがおいしいのです。
薄揚げはグリルやトースターで香ばしく焼いて刻み、
熱いうちにきのこのお汁の中に。
ほうれん草も漬け込み、味が馴染むまで、浸し、ます。

シンプルな料理ほど、ちょっとしたひと手間や、外せないポイントが
大きく味を左右するもの。
小鉢を作るとき、メインの料理とはちょっと違った緊張感があるのは
そういうことなのだろうな。



e0056428_20541391.jpg

[PR]

by mido-remix | 2006-02-01 20:55 | たべる | Comments(4)