roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:いろいろ( 69 )


2011年 04月 08日

今できることは、隣の誰かを喜ばせることなのです。

音楽と料理は似ていると言っていたのは誰だったか。
いや、誰かをもてなすことって、全て同じ。

オーケストラのチャリティコンサートに行って来た。
追悼の弦楽曲から始まり、未来に向けた交響曲で終わるプログラム。
主催者の思いが詰まった2時間半だった。

始まりの挨拶と黙祷。
千人もの人が集まって、ひとつの物音も立たない1分間を初めて体験した。
プログラムの合間の「日本」を意識したサプライズ。
若い和楽器奏者の演奏や、誰もが知っている童謡の合唱。
そして何より、アンコールが終わったあとも、何度も何度も観客に手を振る指揮者。
それが全てわざとらしくなくて。とても心に響いた。

全ての人が、本当に音楽を美しいと思う心を掘り起こせたら、
世界中は平和になるのに。とさえ思った。

聴いてくれる相手を喜ばせること。
状況を見て伝え方を工夫すること。

その時間の中で、目一杯、
相手を思うこと。

神様から8周年の贈り物だ。
もう一度はじめから。
[PR]

by mido-remix | 2011-04-08 00:47 | いろいろ | Comments(2)
2011年 04月 05日

春のちから

ちょっと体調を崩していました。
でも気温の上昇とともに回復してきました。
春はいいなあ。自然の力をじんわり体全体にもらえる季節。
漢方の先生によると、私はパワーはなくはないけど回復が遅いタイプのようです。
人の食事を作っているくせに、
まだまだ自分の体を把握出来ていないことに反省しきり。

今日発売のリシェで、夕飯のリメイクお弁当というテーマで、
お料理ページをさせていただいています。
新しい本ではお店のお弁当。
こちらはうちのお弁当。って感じです。
特集は私の大好きな父の故郷、淡路島。
もう少し暖かくなったら、この本片手に遊びにいきたい。
[PR]

by mido-remix | 2011-04-05 23:01 | いろいろ | Comments(2)
2011年 03月 21日

返事

新しい本が18日に発売されましたが、
震災の影響で書店に並ぶのが遅れているみたいです。

お店ではもう売っているのですが、
大阪の書店でも1、2日遅れていたみたいなので、
他の地域ではまちまちのようです。

でも早速発売日に店で買ってくださったお客さまが、
次の日、「作りましたよ!」と手みやげに持って来てくださいました。
ほんとに嬉しかった。
前日、いつになく、地震の報道で気が滅入ると沈んでらしたので、
こうやって、誰かの気持ちを少しでも明るくすることが
私にできているなら、それは、
何より嬉しいことだ。

本のレシピどおりでなく、
ハーブを入れたり、少しアレンジを加えたIさんの料理は、
その人そのままの、オシャレで、でも優しい味がした。

ありがとうございます。

e0056428_1756546.jpg

[PR]

by mido-remix | 2011-03-21 17:56 | いろいろ | Comments(10)
2011年 03月 14日

ちから

本当に心配だった仙台の友人からメールが届いた。
無事ですというメールから一夜明け、電気と水が復旧したという。

明かりがつくこと。温かいお茶が飲めること。
テレビで情報が入ることの、ありがたさが身にしみること。
まだまだ大変な人たちへの気持ち。
いろいろ書いてあった。

何もない状況の中、
支援団体に出してもらった塩むすびが本当においしかったこと。

食材をかき集めてあり合わせで食事を提供するお店がいくつもあって、
そんなお店にすごい行列ができていて、
食べることは人の力になるものだと実感したこと。

そして、そんなすごい仕事をしているんだよ。
頑張れ。という励ましの言葉を読んで、
なんだかジーンと来てしまった。

こんな風に言える、彼女の優しさとか、
まだまだ大変な状況の中、人が生きようとする強い力とか。

ありがとうね。
お互い頑張ろうね。
[PR]

by mido-remix | 2011-03-14 21:08 | いろいろ | Comments(3)
2011年 01月 05日

またここから始まる

あけましておめでとうございます。
みなさんよいお正月だったのでしょうか。

何か月か前に、ぽろっと
「もう長いことゆっくり休んでないので休み方が分からなくなってる。」
と言ったら、スタッフのTさんに、
「休みの日は昼まで寝て、ゆっくりお風呂入って、明るいうちからビール飲むんですよ。
ちょっとくらいは、どこかに行ってもいいけど、基本そうやって過ごすんですよ!」
と、強い口調で心配されましたが、
このお正月は、ずっとそういう生活をしてました。
もちろん、結局毎日キッチンに立っていたんですけど。

とにかく休みなさい。とか、のんびりマイペースに。とか、
疲れた顔をしていると周りは心配して言ってくれるのですが、
休んでいても、やらなければいけないことが気になったり、
寝てたら一日がもったいないと思ったり、
行きたいところを我慢するなんて結局ストレスになって、
うまくのんびりできない自分に本当にうんざり。

でも結局はバタバタすることも、ちょっと無理してしまうのも、
それが私のペースだから仕方ない。と年末くらいには思えるようになりました。
そして今そういう時期なんだから、それはありがたいことだ。
逆にそう思うと、なんだか不思議と、この休みはゆっくり過ごせたのでした。

今年も頑張れるだけ頑張ります。

料理をすることが本当に楽しくなってきました。
明日はいっぱい仕込みします。

e0056428_15393478.jpg

[PR]

by mido-remix | 2011-01-05 15:41 | いろいろ | Comments(2)
2010年 08月 09日

オトナの遠足

親しくさせていただいている、mさん姉妹に誘われて、
箕面に行ってきた。
大阪市の南端に住んでいるので、北摂に疎く、
箕面と言えば猿、くらいの知識しかなく、
滝を見に山へ登ると言われて、どんな格好をしていけばいいのか悩んだ。

降り立った駅はほんのり古く、ほどほどに街で田舎で、
久しぶりの遠足、という感じでわくわくした。

土産物屋さんでいちいち立ち止まりながら、トロトロと坂道を上り、
オトナなのでお母さんのお弁当ではなく、素敵なカフェでお昼を食べ、
軽く息を切らして滝までたどり着いた。
涼しくて気持ちよくて、美味しい空気をいっぱい食べた。

また、土産物屋さんにフラフラしながら、スパガーデンでひと風呂浴びて、
酒屋さんの店先でビールを飲んだ。
このビールが美味しかった。
重いから我慢して2本だけ買って帰る。

さらに行き道から気になっていた、赤い赤い、箕面焼に心奪われ購入。
色が本当に鮮やかで、最初はびっくりしたけど、不思議に料理が浮かんでくる器。
形も面白く、洋でも和でもあう器が好きな私にぴったりだった。

ずっとパッケージがかわいいと言い続けていた「モンちゃんせんべい」を
mさん姉妹が見かねて買ってくれる。

コドモの遠足と違うのは、最初から最後までずっと食欲と物欲に支配されていることだと
つくづく思った。

滝きれいだったです。とても。


e0056428_22555911.jpg

[PR]

by mido-remix | 2010-08-09 22:55 | いろいろ | Comments(8)
2010年 06月 14日

答え

スタッフみんなでもう3年ほど、数ヶ月に1度近くのカフェで開かれる
東京の焙煎家、Wさんのコーヒー教室に通っている。
ここ数回はタイミングが合わず、私は行き逃しているのだけど、
他の2人は毎回欠かさず通って、Wさんの反応に一喜一憂している。

コーヒーとカレーに関わる人は、うんちくが長く、変わった人が多いと
某出版社の編集担当の友人が言っていたが、
Wさんの教室もコーヒーのことというか、人生に対する云々が長く、
コーヒーの入れ方の説明も抽象的で、
正直、最初は何を言われているのか、よくわからなかった。

それでも、1度くらい「うまく入れられたね。」
と言われたくて何度か通っているうちに、
そのうんちくとコーヒーの関係がわかってきて、面白くなってきた。

「始まりがあるものには終わりがある。」
コーヒを入れる時には、
出来上がりの味をちゃんとイメージして入れ進めること。
ただ、マニュアルに沿ってお湯を注せばいいのではなく
欲しい味を作るために、ひと注し、ひと注しの作業があることを理解する。

これはどんなことにも共通している。
もちろん料理にも。
ただ、調味料や材料を加えるのではなく、
こんな味の料理にしたいとイメージして、
必要なタイミングに、必要なものを加えていく。
この技術が「料理」なのだから。
もちろん、探しながら進めることもありなんだけど。

ところで先日、Wさんと話をしていたら、
焙煎をやればやるほど以前ほど豆にこだわらなくなったと言われていた。
素材以上にちゃんとした下ごしらえ。
私が心がけていることと同じだと思った。
だから通い続けているんだと思った。

お店では縁あって、開店当初から当時気に入っていたコーヒー屋さんに
ずっとお世話になっている。
もっと評判のいい有名なコーヒー屋さんを紹介されたこともあったけど、
今はこの豆をもっともっと美味しく入れられるように、
とりあえずみんなで頑張り続けようと思う。
イコールの先が満足ならば、何を足しても引いてもいいのだ。






e0056428_21392343.jpg

[PR]

by mido-remix | 2010-06-14 20:38 | いろいろ | Comments(6)
2010年 01月 07日

カレーとおでんと七草がゆ

あけましておめでとうごさいます。

といっても、もう7日ですが。
お客さんと交わす挨拶がいい感じで好きです。

お正月休みの間、念願のものを2つ食べました。
ひとつは、年末に行った、有名カレー屋さんKのカレー。
もうひとつは、お客さん、A氏の自慢のおでん。
どちらも、もうずーっと食べてみたかったけどなかなか機会がなかったもの。
そしてどちらも、すごくすごく、美味しかった。

おもしろかったのが、この2つを食べたことで、料理って人柄だなあ、と
改めて客観的に感じられたこと。
伝説になるくらい、おもしろいエピソードをたくさん持っているらしい、
変わり者(と評判の)G氏が作るカレーは、噂どおり、抽象画のような味がした。
不思議で、でもまた食べたくなる。初めて食べる味。

長年ロカを応援してくださってる、かなりこだわりのA氏が作るおでんは
仕上がりまでに5日もかけた、本格的な味。
上品なお汁は丁寧に取っただしの味がして、
ふわふわの大根はこまめに調整された火加減のたまものだと思った。

わたしの作る料理も、わたしの味なのだろう。
隠しても全部バレる。
料理って恐ろしい。

お正月の間、いっぱい美味しく食べた胃に感謝の気持ちをこめて、
今日のまかないは七草がゆ。

今年もよろしくお願いします。

e0056428_22384876.jpg

[PR]

by mido-remix | 2010-01-07 22:39 | いろいろ | Comments(2)
2009年 12月 09日

初心忘るベからず

親戚のNちゃんが今、
うちから3駅のところにある某製菓学校に通っているため、
実習で作ったお菓子を手みやげにちょくちょく遊びに来る。
お礼に、いつもお菓子で栄養補給を済ませているNちゃんに
夕飯をごちそうする。

最初の頃はシュークリームやパウンドケーキといった
シンプルなお菓子だったけど、
今日はかわいい苺のタルト。
あいにく、コーヒーも紅茶も切らしていたので
中国茶と一緒にいただきながら、
就職が決まった。
お金を貯めてヨーロッパにお菓子の食べ歩きに行きたい。
とNちゃんはキラキラした目で話してくれた。

形の揃わないシュークリームや、口当たりの粗いパウンドケーキに比べて、
タルトはお店やさんの味がした。
プロとして働くことや、目標が目の前にあるだけで
作り出すものはひと味もふた味も変わってくるんだろう。

意識って大切。

e0056428_21341374.jpg

[PR]

by mido-remix | 2009-12-09 21:35 | いろいろ | Comments(0)
2009年 11月 16日

今の自分

土曜日の蚤の市には、たくさんの方が覗きに来てくださって
とても嬉しかった。
ありがとうございました。
また機会があればやりたいなと思っています。

料理を作る仕事をしているので、食器を見るとわくわくする。
好きなのは、洋でも和でもない雰囲気の食器。
それと最近は柄物の食器がおもしろいと思う。

以前は無地の食器が料理を美しく、おしゃれに見せるのではと思っていた。
でも今は少しつまらなく感じる。
料理と絵柄が合うと、お皿が料理を助けてくれるということがちょっとわかって来た。

自分が今好きな料理と、今好きな食器が一致する。
身にかなう楽しさだと思う。

そのうち古伊万里や備前なんてお皿に、料理が見えるようになれるのだろうか。


e0056428_2135768.jpg

[PR]

by mido-remix | 2009-11-16 20:39 | いろいろ | Comments(0)