roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 15日

DNA

家の近所にお気に入りのパン屋さんがあって
週のうちの半分は、そこの食パンがうちの朝食になる。

家族それぞれ、焼き加減に好みがあるので
自分でいい色になるまでトースターで育てる。

トーストしてバターだけの時もあるし、
ジャムやはちみつ、チョコレートやナッツのペーストを塗ることもあるけど
朝からしっかり食べたい時や、夕方小腹が空いた時には
パンにいろいろ乗せて焼く。

最近はバターを塗って、砂糖とひとつまみの塩を混ぜたきな粉を
トーストに塗るのにはまった。
その前はバナナをまるごと1本乗せて、砂糖とシナモンを振って焼いて
バターを落としてバナナをつぶして、パンでくるりと包んで食べていた。

甘くないのならベーコンやトマトを乗せて焼いたり
残り物のきんぴらやひじきを乗せてチーズを振って焼いたり
厚揚げと味噌を乗せたり。
薄切りきゅうりとマヨネーズだけというのも大好き。
まあなんでもありなのだ。

要は、朝、時間がないから、パンひとつで全て終わるようにという
ご飯で言ったら、丼の感覚。

高校生の頃、私が、おやつに
パンに穴を掘って、マヨネーズで囲いを作って
卵を割り落として焼いて食べていたことを
近所のおばさんが「やっぱり料理の素養があったのね。」
と言っていたと母が笑いながら言った。

同じ食べ方を小学生の息子がずっとしている。
彼の将来が楽しみだ。

e0056428_2239389.jpg

[PR]

by mido-remix | 2009-03-15 23:39 | たべる | Comments(0)


<< 7つめの春      共通言語 >>