roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 07日

共通言語

最近、近所のPという店のBさんが、よくご飯を食べに来てくれる。
もともと、お客さんに紹介してもらって、
そのお店に食べにいったら、とてもおいしくて雰囲気も良くて
気に入って何度か行ったことから
向こうも来てくれるようになった。

料理の道、16年というベテランで(あ、何歳か知らない。)
長年、フレンチを中心にいろんな料理を勉強してこられただけあって、
料理のいろいろに詳しく、カタコトの日本語ながら
話していてとても勉強になる。

食材にとてもうるさい。
それは、話をしなくても彼の作った料理を食べると、
素材を大事に大事にしていることがよくわかる。
食べ物に対する愛がとても感じられて、
この人の料理は信用できるな。とわかる。

味は言葉を超えている。
大事にしているものが同じだと
たくさんの言葉がなくても、ひと口で理解する。

この仕事をしていてよかったと、本当に思う。
そして、彼の料理に対する姿勢に、
中だるみ中の背筋が伸びる。

うん。
私も頑張るね。


ブログにロカのことを載せてくれました。
私のことをいろいろ書いてくれて
意味は半分くらいしかわからないけど
なんか恥かしいですね。こういうの。
[PR]

by mido-remix | 2009-03-07 01:08 | たべる | Comments(0)


<< DNA      寝覚め >>