roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 23日

ジャンル

初対面の人に会って、飲食店やってます。と言うと必ず
どんなお店?レストラン?和食?
みたいな感じで返って来る。

喫茶店…なんやけどごはんのお客さんが多くて
ご飯は和食でも洋食でもなくて…家庭料理というか
創作料理というか…そう言うと居酒屋みたいやし。

いつもごにょごにょ言ううちに向こうは勝手に
ああ、○○ね。と誤解している。
自分のやっていることを説明するのは難しい。

毎日作る料理にジャンルを考えたことはない。
和食も洋食も中華も、いいとこ取りしたいし、
創作料理というには奇抜な発想が足りないと思う。
家庭料理といえばそうだけど、家庭料理ではいけないと思っている。
自然派料理というにはこだわりが足りない。

日本料理一本の板前さんとか、フレンチの三ツ星シェフに憧れる。
でも今わたしが作るのは、どれつかずの曖昧な宙ぶらりんな料理だ、
と思うとがっくりすることもある。
けど、いいや。とも思う。なんかしら一本筋が通ってたら。
だって和食も洋食も中華も、創作料理も家庭料理も自然派料理も
みんな好きなんやもん。
それを、逃げ、にするんではなくって、だんだんと、自分、にしたいと思う。
[PR]

by mido-remix | 2007-02-23 22:13 | いろいろ | Comments(4)
Commented by moo at 2007-02-24 00:24 x
お願いロカさん、がっくりなんかしないで!
ロカさんのご飯は「ロカのご飯」・・それだけなのです。
定義づけも固有名詞もいらない。 ロカは「ロカの美味しいご飯やさん」、それだけでいいのです。
食事は、栄養を摂ることの他に、「幸せな気持ちになるため」食べます。
(食べて不幸せになるご飯って・・???)
それが満たされたら、それはもう立派な素晴らしいご飯です。
ロカさんのご飯は満たされます。
「ロカさんのご飯ってどんな感じのご飯やの?」・・と、時々友人たちに聞かれます。
いつも「ウン、幸せな気持ちになるご飯」 「幸せ~って思えるご飯」
・・いつもそう応えます。
モグモグモグ・・・ゴックン。しあわせ~~~。
三ツ星料理も中華も創作和食もみんなモグモグ、ゴックン、yることは同じです。
そのあとが大切なのです。「あ~おいし~い!しあわせ~」
こう思える料理はみんな同じ。素晴らしい料理なのです。
ロカさんのご飯は「しあわせ~」なご飯です。それだけです。^ー^
Commented by きょうこ at 2007-02-24 09:39 x
わかるなあ。その感じ。ジャンルって、客観的にわかりやすく認識するために、便宜的につけられたもので、先に「ジャンルありき」ではないのに、そういう場面に遭遇することって、私もよくあります。
私も何かを書くときに、文体とか切り口とかどういう方向性でやればいいのか、わかんなくなることがあって、サブカルも好きだけどそこまで濃くないし、ほわほわするものも好きだけど違和感もあるしで、結局どこにもいけない。でもそれがオリジナリティなんだと思ったり、自信がなくなったり。
結局、既製服に自分の体型を無理に合わせようとするから、いけないんですよね。どこにもない自分だけの服、でいいのに。
そうそう。私も「どんな映画が好き?」ってよく聞かれるんですけど、そういう時には「面白い映画」と答えるようにしてます。だいたいの傾向はあるけど、作品の質にジャンルや国はあまり関係ないから。なので料理も、「おいしい料理が好き」って答えることにしてます。
緑さんの感じているようなことは、何かを創っている人なら誰でも、多かれ少なかれ感じていることだと思うので、気にしない気にしない。ジャンルは「自分」です!
Commented by mido-remix at 2007-02-26 19:01
なんか励まされてるなあ。mooさん、きょうこさん、ありがとうございます。
モザイクの絵みたいに、やっぱり私の料理も既成の石で成り立っていると思う。いろんな石を遠くから眺めたときに「なんかいい感じ」の模様になったらいいと思う。今は石を集め中という感じですね。
Commented at 2007-02-26 20:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 野菜の家      大人の献立 >>