roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 20日

食べたい時に食べたいだけ

週末、娘が風邪で寝込んでいた。
お医者さんは本人が食べたがるまで、何も無理に食べさせなくていいという。
丸2日、ほとんど何も食べなくて心配したけど
日曜の夕飯は突然、元気になってパクパクと食べ始めた。

もうだいぶ高齢のお医者さんは、冬でも裸足。すごく元気だ。
大きな声で
食べたくない時は無理に食べない。僕はもうずっと朝はコーヒーだけ。
でも病気一つしたことない。と笑って言う。
めちゃくちゃ説得力ある。

そういえばオノヨ−コも、
食べたい時に食べたいだけ食べたいものを食べ
寝たい時に寝たいだけ寝る生活をしていると、
人間的な感覚が戻って来てすごく調子がいい。みたいなこと何かに書いていた。

そういう時間の使い方は実際すごく贅沢だし
一歩間違うと迷惑にも逆効果にもなりそうだけど
自分の本能に忠実に生活すること、
そういう生活が自分の体の中にある力を一番引き出す方法なのかもなあと思った。
[PR]

by mido-remix | 2006-11-20 23:16 | いろいろ | Comments(8)
Commented by nina at 2006-11-22 17:55 x
そう。いつかも書いてはった「からだの声をきく」・・・ですよね。
家庭で ご飯の作り手は、ついつい空腹じゃなくても食べてしまうけど、わたしもこの頃「習慣」で朝食食べるのを、ゆるやかに調整中→いい感じ。
Commented by きょう at 2006-11-24 09:45 x
私の娘も、以前体調を崩した時、何も食べずにひたすら寝ていました。そうやってじっと体力を回復している姿が、まるで動物みたいで、これが本能というものかと、妙に感動した覚えがあります。
Commented by hobodai at 2006-11-24 17:36
僕もこの20年以上、朝は珈琲だけ。
風邪はひきましたけど。(説得力ゼロ)
でも本当に、目先の栄養バランスとか、何とかの数値とか、
そんな近年の食がらみの情報は妄想だと思うし、
うまく言えませんが、それより大事なのは、
「正しく健全に欲するからだ」なのだと思います。
Commented by mido-remix at 2006-11-25 01:37
ninaさん。「習慣ご飯」って今の飽食時代には妄想でしかないのではって思います。夜遅くまでお酒を飲む日は朝ご飯を食べる気がしないし、一日二食で皆勤で勤め上げた父をかっこいいと思う。
hoboさんの書いてはる言葉は、私の言いたいことの要約だな。やっぱり、さすが。
きょうさん。子供を見ていると自分が大人になっていく過程で失って来たものをたくさん感じます。素直な本能、もその中の一つだと思う。
Commented by moo at 2006-11-28 01:12 x
きちんと歴史文献に残っている実話をひとつ。
明治維新のとき、外国人外交官が日本の飛脚に驚き、何を食べているのかと飛脚に聞いたそうです。
「はい、一日二食、麦とたくわんと少しの野菜と味噌と海草です。」と答えました。
外国人外交官は「そんな粗末なもので、そんなに走れるのか・・」と、さらに驚き、
その飛脚に「もっと早く走れるようになるよ」と、お肉や牛乳や外国の食べ物を3食与えたそうです。
その飛脚は・・走れなくなってしまったのです。
農耕民族の日本人のDNAには、普通の当たり前の日本のご飯とおかずが身体のパズルにぴたっと当てはまるのですね。
少しはずれたコメントになりましたが、からだの勉強をしていると、からだが食べたい時間や食べたいものをちゃんと教えてくれていることもわかります。
「からだの声に耳を傾けなさい。それは生命の鼓動に耳を傾けること」なんだそうです。
Commented by mido-remix at 2006-12-04 20:49
なるほどー。さすがmooさん。
同じお医者さんが、「薄着がいいとか、この食品がいいとかいろいろ言うけど、それは人によって違う。その人によって必要なものは違うんやで。」と言っていた。
それほんまによく分かるなあ。
Commented by love :) at 2007-01-24 22:37 x
Don't you think its a bit harsh?
Commented by love :) at 2007-01-31 22:18 x
My wife used to say that


<< Hさん及び忙しいけどちゃんと食...      今夜は何を食べましたか >>