roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 13日

シンプル

愚痴めいてるんだけど、

頭の中の渾沌としたものを、整理し、言葉にするのが苦手だ。
簡潔に、要所要所を明確に話ができる人を
いつもうらやましく思う。

自分の中にある、ぐるぐるした思いを
その人なりの方法で、すがたに現すことが表現なのだけど
わたしにとってはやっぱり、料理がその、自分の方法なのだと思う。

自分自身がごちゃごちゃとしていて、まだまだ未熟なので
わたしの料理も、やっぱりそれだ。

自分の中に確固としたものができて、
シンプルな考え、シンプルな生き方ができるようになってきたら
料理もそれに近付けるのだろうか。
反対もまたしかり。

わたしの思うシンプルな料理って、
ただ茹でる、ただ焼く、そういうのを、
シンプルが一番、という人も多いけどそういうことではなく、
そのものがおいしく食べられるための最短距離で
調理されたものなんじゃないかと思う。

きちんと的確に処理をされた、無駄のない一個体。

そういうの、回り道ばっかりの今のわたしには全然足りない。
まだまだ、一個体にはなれそうにない。

こんなこと考えながら料理してるからだめなのか。
とにかく作り続けていたらなにか見えるのかなあ。

きらきらと輝く宝石の様な煮梅を目指して
ひと粒ひと粒青梅を処理しながら思っていたのでした。


e0056428_2150340.jpg

[PR]

by mido-remix | 2006-06-13 21:50 | いろいろ | Comments(4)
Commented by nina at 2006-06-14 20:15 x
煮梅のいい香りがたってくるようです。
>そのものがおいしく食べられるための最短距離
同感です。
Commented by 中道 at 2006-06-14 23:18 x
突然ですが中道です。ヨメさんとブログみてますよ。
今回コメントしたい!と思ったのは、とても純粋に自己表現として料理
を追求するみどりちゃんの姿勢にカンドーさせられたから。
最近、そういうCreativityに忠実な人が日本から減っているように感じ
てしかたないので、余計に文章読んでて熱くなってしまいました。
今、僕が市大の大学院で研究しているのはそういう人の純粋な創造力
に対する思いが他人を動かす原動力になることを解明する経済学な
んです。単なる価格を指標とするのではなく、ロカの料理に対する姿勢
に人々が突き動かされる事実。いつか、ケーススタディとしてインタビュ
ーに行きますね。
ちなみに、僕にとっての自己表現は今からの博士課程3年間で完成
させなきゃいけない論文です。そのためにわけわからんブログ始めて
ますが・・・。
Commented by 昔市大勤務 moo at 2006-06-15 23:40 x
「一個体」・・理想です。 たくさんのものを内包したシンプルさ。
空気も、この体も、とてもシンプルな「一個体」だけど、たくさんの成分を内包しています。
心も、たくさんの思いを内包しながら、とてもシンプルに動いています。
ロカさんのお料理は、一回食べただけですが「ただのご飯でなく、もうどこにもない何かすばらしいもの」に思えました。
「一個体」に内包する、明るい暗い激しい穏やか怒り悲しみ感動・・などの様々な思いを感じる素晴らしい「一個体」になればいいなあと、思っています。
なんだかわたしも考えさせられました。 回り道の天才なので・・・。

今夜、数年ぶりに「夏爐」を訪れました。
ロカさんのブログを読んで、どうしても訪れたくなりました。
レモンライスも灯りも庭も音楽もおばさんも優しい笑顔の市大生も、
なんにもなんにも変わっていませんでした。
「ロカのご飯はとっても美味しいでしょう?」とおばさんが話しました。
Commented by mido-remix at 2006-06-16 00:58
ninaさん。煮梅はなかなかできあがりません。予定では後2日ほどでできるかな。遠い道のりです。  
中道さん。ほんとお久しぶりです。まだ勉強してはるんですね。  
ずっと見ててくれたなんてうれしいなあ。
近いうち会いたいです。
mooさん。今日、わたしも夕方、配達に夏爐行きましたよ。
なかなか、言葉に伴った料理が出せないのが現実です。
はあ。頑張ります。


<< 作品      縁と円 >>