roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 28日

魔法の匂い

小学生の時、仲良しのまきこちゃんの家に遊びに行くと
お料理上手なお母さんの、手づくりバターロールが
オーブンから取り出されたところだった。

家中パンの香ばしい匂い。
当時、実家のあたりでは、焼き立てのパンを売る店などほとんどなかったから
このいい匂いにわたしはすっかりやられてしまい
『手づくりの焼き立てパン=おいしい!すてき!』の魔法にかかってしまった。

今日は近所の子供達を集めてパンづくり。

いつもやんちゃな子達が大興奮で、
粉だらけになりながら生地と格闘している。
うさぎ、かめ、ハート、星…のようなものが次々と出来上がり、
ケラケラと笑いながら、キッチンをびしょびしょにし、
そうこうしているうちに、家中にいい匂いが立ちこめた。

「パンあんまり好きじゃない。」
そう言ってた子も、
次々手がのびて、こんがりおいしそうに焼けたパンを
写真に取り損ねちゃったよ。  

e0056428_20371285.jpg
e0056428_20372566.jpg

[PR]

by mido-remix | 2006-05-28 20:17 | たべる | Comments(3)
Commented by trek-yumi at 2006-05-30 22:14
わたしも、焼きたてパンの魔法にかかったのは友人の家でした。
みどりさんより遅くて、高校生のときだったけど(笑)
パンを焼けるお母さんって、なんだか憧れでした。
子どもたちとのパンづくり楽しそうですね。子どもって粉もん作るの好きだよね、クッキーとかも。粘土感覚なのかな?しかも食べられるし。
Commented by mido-remix at 2006-05-31 21:33
ほんと微笑ましい、楽しいひとときでした。
このあと、オレンジジュースを自分達で絞って、大根ときゅうりを型抜きでハートやにんじん型(笑)に抜いて、塩をつけて食べました。掃除も、後かたづけもみんなやってくれた!
なんだろ。まだまだ、秘めたパワーをいっぱい持ってる、想像力いっぱいの子供達に嬉しくなってしまう。
Commented by nina at 2006-06-01 23:24 x
焼き上がりの写真がなくても(笑)魔法のにおいも、それにこの子たちの「真剣」も届いてきますよ。
この写真見てたら、信州でいた頃 息子のクラス(14人)によばれて、雑穀粉を使った簡単なおかし作りをしたときのことを思い出しました。当時小麦がまだだめだった息子も一緒に参加できるようにというセンセのはからいだったのに、その数日前に水疱瘡で息子は欠席(泣)こんなことだったら小麦や卵やバター使ったお菓子のほうが「受けた」かな?とふと思ったりもしたけど、雑穀やさつまいもクリームを皆とてもたのしんで作ってくれて、うれしかった。


<< 夏の酢の物      夏が来る >>