roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 23日

うずらの子

ちょっとマシになったけど、まだまだ野菜が高い。
うちの店は野菜を種類も量もたくさん使うから
ここのところ、ほんと辛くて。
もう毎日頭を使いまくってる。

そこで登場回数が増えたのが、乾物。
もともと好きでよく使うほうだと思うんだけど
最近は予算や栄養バランスを考えると必然的に手にしてる。

ひじき、切り干し大根、高野豆腐、そして豆…。
段取りよく水戻ししておきさえすれば手軽で
生の野菜より栄養価も高く、
1年中値段も安定している賢い食材。

煮物のイメージが強いけど、
店では手を変え品を変え、いろいろな料理に使っている。
ひじきはまとめて戻したら
炒めてしっかり水分を飛ばし、お醤油を少し振って保存する。
生臭さを気にせずサラダやハンバーグなどに入れて便利。
切り干し大根はサラダやお漬け物にもよく使う。
戻したのをナムルみたいに味付けしてビビンバに乗せてもおいしかった。
あ。こないだかき揚げにもしてみた。
甘くておいしいなあと思ったのですがどうでしょう。
高野豆腐のことは書くこといっぱいあるので、そのうちまとめて書きたいなあ。

で、この間ウズラ豆のいいのが手に入ったので
特別なことは何もせず、今日はさつまいもと丁寧に甘く炊いてみた。
豆を煮るのって火にかけてる間中、気になって仕方ない。
餡になってしまわないように火加減や水加減を注意して
大事に大事に育てた子が、ふっくらと炊きあがったら
なんだかひと粒づつお箸で大事に食べたくなる。





e0056428_22593937.jpg

[PR]

by mido-remix | 2006-01-23 23:02 | たべる | Comments(3)
Commented by nina at 2006-01-23 23:57 x
おいしそうな「お豆さん」
乾物ってやってみたらそれほど大変じゃないのに、きもちに余裕のないときは、つい油で「いためたモン」とか してしまいます。
この写真見てたら明日は「お豆さん」煮ようかな、と思いました。
あ、「お芋さん」もきれいでおいしそうやね。
Commented by mido-remix at 2006-01-24 20:44
豆を煮るのって、手をかけずじっと見守りつつ待つ。
子育てみたい。って思って、タイトル付けてみました。
先輩にこんなこというと笑われるか。
Commented by nina at 2006-01-24 21:42 x
すまん。
「先輩」は(うんと年上というだけ)『うずらの子』にそんな深い意味がこめられてるとも知らず「うずらの玉子」って何やろ?と読み違えていたのであった(泣)


<< 気持ちと味      おしらせ >>