roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 10日

休日の夜

昨日久しぶりにパンとケーキを焼きました。

お店ではお菓子づくりは徳井ちゃんの担当なので作ることはないのだけど
家ではちょこちょこ作るのです。

実はわたしは計量とか、本を見ながら作るとか大の苦手で、
きちんとできた試しがない。
でもパンやケーキって料理と違って材料の分量をきちんと量って
レシピどおりに作らなきゃってイメージがありますよね?

でもある時べス・ハンスバーガーという人のパンのレシピ本に出会って
考えが変わった。
例えば、付きっきりでパンを作る必要はなくて、
レシピの半分くらいのイーストを入れて、
もっとゆっくり発酵させてもいい。
朝、生地を練って、出かけたり、用事を済ませて、
帰ってきたら、成形をして、夕食にパンを焼いて食べる。みたいに。

そういう感じのことが書いてあって、
それからご飯を炊いて食べるような感覚でパンを焼くようになった。
計量も大体300g強の粉に塩小さじ1、砂糖大さじ1くらい。と適当。
そのときの気候や忙しさ具合でイーストの量も小さじ1/2〜1.5で加減します。
水の量も粉と合わせながら、固めのおもちみたいな柔らかさになるまで入れます。
後は好みでナッツとかバターとか入れたり。
コツを掴めばちゃんと作れます。
実はケーキも同じようなやり方でばかり作っています。

今日は粉の半分を全粒粉にして、
イーストもこだま酵母という自然酵母があったのでそれにしました。
発酵が早くて甘い酵母です。
それからマンゴーをジャムにしたのが残ってたので
それをたっぷり入れたケーキを一緒に焼きました。
 
休日の夜は部屋中、甘い匂いでいっぱいだったのでした。


e0056428_20175580.jpg

[PR]

by mido-remix | 2006-01-10 21:01 | たべる | Comments(0)


<< もてなす      柚子釜炒めなます >>