roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 03日

ごちそうの定義

あけましておめでとうございます。
よいお正月だったでしょうか。

毎年お正月はいなかで、おせち作りのお手伝いをするのです。
元旦に親戚が集まるので、ざっと2、30人分。
わたしは母に付いて何品か作ったり、詰めたりするだけなのだけど
毎年よい勉強になります。

おせち料理って定番の料理ひとつひとつに意味がある、
季節ごとの日本の家庭料理の中でも、すごく重要な料理のひとつ。
普段あまり作ることのない料理を覚えるよい機会だと思っています。

たくさんの料理をこしらえてお重に詰める。
その作業をしながら、
なんだか新しい年を迎える厳かな気分になってくる。

ごちそう。っていう言葉が好きだ。
派手なもの。値段の高いもの。珍しいもの。
定義は人それぞれだけど
家族のために手間ひまかけたおせち料理。

最高のごちそうだと思う。
作る人は大変だけど。

味わって食べようね。




e0056428_0105819.jpg
e0056428_0114176.jpg

[PR]

by mido-remix | 2006-01-03 00:00 | たべる | Comments(2)
Commented by nina at 2006-01-04 13:48 x
新年早々「おいしい」ブログ!をありがとう。
わたしは辰巳芳子さんのことばを借りたらここ数年『面倒くさい病』に罹っ
てしまっておりますが(苦笑)ここの写真と文章を拝見して、彼女の書く『かたちから入って、こころを取り戻す方法もあるのです。少しの気力で想いを手足に通わせる呼吸もこんな時ふと身につくものです』を改めて
おもっています。
今年もいっぱいおいしいモンにであえますように。
Commented by mido-remix at 2006-01-04 22:17
おめでとうございます!
ちょっと意味違うかもしれないんですけど
最近、姿勢を直したら驚くほど体調がよくなってきたんです。
で、その文章を思い出しました。
なんであれ生活の部分部分。ちょっと気をつけるだけで
ぐっとよくなることってあると思う。
そしてまた辰巳さんの言葉を借りるなら
『身についたものがなくては、いざの時、意のままにならぬ自分を嘆くことになる。』ので
なんだかんだにかまけてないで、できることはちゃんとやろうって思います。
今年の抱負。



<< 柚子釜炒めなます      いちにちの終わりに >>