2015年 08月 26日

知る 知る 見知る

ものごとには理由がある。

高校生になった娘が、夏祭りでケバブの屋台に誰よりも率先して並んだら、
男の子たちに冷やかされた。とプンプン怒りながら帰ってきた。

彼女は取り立てて、お肉が好き!というわけではなかったけれど、
まあ、どちらかというとキャラクターが肉食女子っぽいので、
ケバブにがっつく姿が似合いすぎていたのかもしれない。

ところがその数日後、薬膳の勉強をしていると、彼女がどうも、
東洋医学で言うところの、血の少ない体質ではないかと思えてきた。

若いのに、「よく毛が抜ける」とか、「爪が割れる」とか言ってるのは、
くせ毛のばしで朝から何十分もドライヤーをかけるせいや、
机に向かうと気づけばやってしまうペディキュア塗りのせいだけではなかったようだ。
「お肉、お肉!」と屋台に走って並ぶ彼女の欲求は、
とても体にとって正しい欲求だったわけだ。


夏前から、あるスーパーさんで、惣菜のメニュー開発を少しやらせていただいている。
家の側にもロカの近所にもあったので、私が一番良く利用してきたスーパーだったのだけど、
惣菜は、ほとんど利用したことがなかった。
と、いうのも、スーパーの惣菜に対するイメージがあまりよくなかったからだ。

まだ短期間ではあるけれど、関わらせていただいているうちに、
そのイメージが、間違っていたり、正しかったりすることがわかってきた。
内部の人が、良い商品を作ろうと一生懸命考えられていることも、
各店舗の設備や人員の現状や、価格に合わせて、そういろいろ簡単にはいかないことも。
そして、その理由の選び方にも、理由があることも。

自分が食べているものに、自分が食べようとしている、食べたいなと思うものに、
もっともっと興味を持つことが大事だ。
今、手にしているものが、自分の、家族の、誰かの体を作るのだから。
一つ一つのものごとの裏にある理由を無視し続けたら、損をするのは自分だけじゃない。
高度に知るというのは人間の特権で、ある意味、責任だと思う。


…まあ、とりあえず、週末は家族で焼き肉でも食べに行くか。
[PR]

by mido-remix | 2015-08-26 06:34 | たべる | Comments(2)
Commented by bacuminnote at 2015-08-28 13:35
mido chan
おひさしぶりです。「高校生になった娘」・・というのに「ひさしぶり」の時間の長さを知って呆然。
そんで、ウチの(お肉好き)男子も成長し、最近 木村緑さん名著!『ひとり料理 これだけあれば』をやっと本気で読み、やってみよう〜という気になったもよう。うれし。
Commented at 2015-09-15 10:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


     季節がひとつ >>