roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 22日

くいしんぼうの血

最後の晩餐は毛蟹だった。

タオルは10枚500円でも、食べ物にはお金を惜しまない。
今年のお正月の数の子は
干したものじゃないと歯応えが頼りないと言い張り、
母をあちこち探しに行かせた。
メロンもスーパーのはだめ。いつも5000円以上の高級品。

カルピスの次はサイダー。
真冬でも80過ぎてもボトルのまま一気飲み。
はまってしまうと、数ヵ月はそればかり。
2時間契約のヘルパーさんに毎回30分かけて焼き鳥を買いに行かせたり。
一時ずらりと並んでいたリンゴジャムの瓶が次の時にはなかったり。

まだまだわたしは食い意地では敵わない。
食べてみたくても財布が気になるし、
嫌になるほどひとつのものを食べたりするような余裕はない。

だけど。
わたしは素直にまたみんなでご飯を食べたいねと言える。
一番おいしいものを知っている。
もういちどあの料理屋さんで、ううん、家の座敷でいいから、
みんなでご飯を食べたかったね。
ふぐや蟹がなくてもいい。スーパーのお惣菜でも構わない。

最後に何度も、また料亭でパーッとやろう。
と言っていたワンマンな祖父は、
本当は一番おいしいものを知っていた。
どんなにお金を出しても決して手に入らない、おいしいもの。

わたしはたくさん、大切な人と、大好きな人と、
世界一おいしいものを食べるよ。
もう一緒に食べられなく、なる前に。
[PR]

by mido-remix | 2012-01-22 23:31 | いろいろ | Comments(3)
Commented by rie at 2012-01-24 23:03 x
今日、ランチにお伺いしました。平日ランチは久しぶりだったんですが、すごく忙しそうでしたが、お二人のテキパキした動き、見とれました☆
今日も本当においしいお味噌汁&春巻きでした。
春巻き、あんまり好きじゃないのに、ロカの春巻きはおいしかったです♪♪

こちらの記事を読んで、私も自分の祖父を思い出しました。
Commented by baku at 2012-01-25 20:10 x
『最終(いやはて)の晩餐問ふや漿の果(しるのみ)の水蜜桃の巨(おほ)きをひとつ』高橋睦郎〜 
さて、わたしら、くいしんぼうの最後の一品は何ですやろか。

くいしんぼうのおじいちゃんから、くいしんぼうのみどちゃんにバトンタッチされたもの。そのたしかなものをおもいながら。
ロカにあつまる くいしんぼうたちのために、これからも腕をふるってください。
Commented by mido-remix at 2012-01-27 09:43
rieさん
ありがとうございます。
あまり好きではないものを美味しかったと言っていただけるほど、料理を仕事にしているものにとって嬉しいことはありません。
元気がでました。頑張ります。

bukuさん
最期に好きなものを食べられるということは、とても難しく、とても幸せなことだと知りました。
死んでしまった祖父の横で親族みんなで残った毛蟹を食べました。
死んで行く人、残された人、なんとも言えない光景だなと思いました。


<< ちょっと遠足      お年玉 >>