roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 04日

袋詰めにすれば簡単だけど

家から歩いて5分のところに、一週間に3回は行く、大好きなパン屋さんがある。
うちのパンはほとんどそこで買う。

おしゃれでもないし、かといって昔ながらでもない。
チョコクリームのアンパンマンや串の刺さったフランクのある、
夕方になったら制服の女子高生がレジを打つ、普通の町のパン屋さん。
だけど、とてもはやっていて
日曜なんかはレジを待つお客さんで店内が埋め尽くされるくらい。

いつもパンを買いに寄ったら、耳をもらう。
耳と言っても食パン一本の両端で、
一枚の裏全部が耳になっているものが3枚入っている。
うまく行くとカリカリの焼きたてに当たる。
大抵仕事帰りでお腹が空いてるから、
匂いの誘惑に負けて、ちぎって食べながら帰る。

わたしがこの店を好きな理由は、もちろんおいしくて安いからだけど、
もう一つ好きなところがある。
それは残ったパンを工夫して作り替えて商品にして売ってるところ。

甘いパンはシロップに浸して、ぎっしり積めて焼き固め、切り分けてある。
部分によって、あんこが入っていたり、チョコが入っていたりするのが楽しい。
ラスクはちゃんと甘いの辛いの二種類あるし、
ハード系のパンをころころに切って、焦がし砂糖をからめたこげぱんも好きだ。

最近こげぱんに似た感じでチョコレート味のものが出て、
それに子供たちとはまった。
家に堅くなったバゲットがあったので、作れるのでは、と思って
作ってみたら似たような感じのができた。
めちゃくちゃ簡単でおいしいので、パンが余ったら是非どうですか。
あっというまになくなったので、写真はありません。


残り物のバゲットか食パンを1〜2cmのサイコロに切る。
卵1個と約100ccの牛乳、塩ひとつまみ、砂糖大さじ4杯くらい(好みで)、
ココア大さじ2杯くらいを泡立て器で混ぜる。
バゲットを浸しからめて、シートを敷いた天板に広げ、
カリッとするまで、160〜170度のオーブンで15分ほど焼く。
パンの乾燥具合で、焼き時間は変わってきます。
仕上げに砂糖を振ったり、溶かしたチョコレートをからめても。
[PR]

by mido-remix | 2010-02-04 21:01 | たべる | Comments(2)
Commented by akanen at 2010-02-07 13:30 x
美味しそうですね!
残ったパンを最近やっとラスクにする技を覚えたところだったのです。挑戦してみます☆
Commented by mido-remix at 2010-02-08 21:43
はいー。是非やってみてください。
ラスクみたいにカリカリなのも、ちょっとパンっぽいのもどっちも美味しいです。


<< お知らせ      荷造り >>