roca+α

rocaroca.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 09日

初心忘るベからず

親戚のNちゃんが今、
うちから3駅のところにある某製菓学校に通っているため、
実習で作ったお菓子を手みやげにちょくちょく遊びに来る。
お礼に、いつもお菓子で栄養補給を済ませているNちゃんに
夕飯をごちそうする。

最初の頃はシュークリームやパウンドケーキといった
シンプルなお菓子だったけど、
今日はかわいい苺のタルト。
あいにく、コーヒーも紅茶も切らしていたので
中国茶と一緒にいただきながら、
就職が決まった。
お金を貯めてヨーロッパにお菓子の食べ歩きに行きたい。
とNちゃんはキラキラした目で話してくれた。

形の揃わないシュークリームや、口当たりの粗いパウンドケーキに比べて、
タルトはお店やさんの味がした。
プロとして働くことや、目標が目の前にあるだけで
作り出すものはひと味もふた味も変わってくるんだろう。

意識って大切。

e0056428_21341374.jpg

[PR]

by mido-remix | 2009-12-09 21:35 | いろいろ | Comments(0)


<< くせと個性      ごほうびと宿題 >>